弊社のiBeacon開発

正確な位置・最適なタイミングで、魅力や興味を感じる情報コンテンツを提供できます

iBeacon

Bluetooth Low Energy(BLE)による近距離通信技術を用いた規格です。 iBeaconの発信器(ビーコン端末)とiBeacon対応のスマホアプリの2つが組み合わさり、 ビーコン端末から発信された信号をスマホが受信することで様々なコンテンツをユーザーへ提供できるようになります。

ビーコン信号の伝達距離・設置場所を最適化する事で特定ユーザーに限定した情報配信が可能になります。 最近では腕時計や健康メーターなどのウェアラブル端末での利用も進んでいます。

ページ下のお問合せフォームからお気軽にご相談ください。

iBeaconの特徴

  • Bluetooth Low Energy(BLE)は低消費電力なのでバッテリー消耗が少ない。
  • ビーコン端末から半径数センチから10メートル程の距離範囲にいるユーザーをターゲットに出来ます。
  • GPSでは測位が難しい屋内でのユーザー位置検出が可能になります。

ビーコン端末からの距離

環境によりますが電波は半径10メートル程の距離まで到達します。 ビーコン圏内にスマホが入りビーコン信号を受信すると信号の電波強度に応じて次の距離グループに分類されます。

  • Immediate (ごく近い)
  • Near (近い)
  • Far (遠い)

ビーコン端末の設定によって電波の発信強度を変更すると到達距離を調整できますが、距離グループは相対的に分類されます。 この分類はAppleが定めており、おおまかな距離感を提示するにとどまる理由として、 ビーコン信号が様々な環境によるノイズの影響を受けることを考慮したためと考えられます。 (壁面や床・天井・人体などの影響で複雑な電波強度分布が生まれてしまう)

iBeaconを使う

ユーザーがiBeaconを利用するには以下が必要になります。

  1. iBeacon対応のスマホアプリをインストールする必要があります。
  2. Bluetooth Low Energy(BLE)に対応したスマホ端末が必要です。
  3. スマホ端末のBluetooth・位置情報の利用をONにする必要があります。

アプリが終了している時もビーコン信号を受信できます。 iOS・Android両プラットフォームに対応可能です。

ショールーミングの問題点

野村総合研究所(NRI)によるアンケートにおいて、 約7割の人はインターネットで商品を購入する場合でも、実物を店舗で確認してから買うと回答しています。

これは実店舗の経営者にとってショールーミングの問題といえます。 ショールーミングとは、小売店で確認した商品をその場では買わず、ネット通販によって店頭より安い価格で購入することです。 また、実店舗とネットでは得られる情報コンテンツに差がある事も一因になっています。

iBeaconはO2O(Online to Offline)の新しい切り口

以前はユーザーがPCを抱えながら来店してその場でネット検索する様なことはありえずオンラインとオフラインは分離されていましたが、 現在はスマホ端末を店舗に持ってこれる状況になっています。 つまりユーザーの行く先々がオフラインでありながらオンラインでもあると言う事です。

そこにO2O(Online to Offline)の新しい切り札としてiBeaconが期待されています。 iBeaconを導入すると、正確な位置・最適なタイミングで、ユーザーにとって魅力や興味を感じる情報コンテンツの提供が可能となり、 有益なサービスを提供することで特定場所へ誘導する活用もされています。 また、ビーコン端末の電源を特定の時間だけオンにすることで導入側にとっての最適なタイミングを図る事も活用法の一つになります。

活用例

  1. 会場内の案内
  2. 商品情報の配信
  3. ポイント加算
  4. クーポン発行
  5. キャンペーン情報の配信
  6. タイムセール情報の配信

対応プラットフォーム

iOS、Android

お問い合わせ

下記フォームに必要事項を入力のうえ、「送信」ボタンをクリックしてください。

件名 (必須)

お問い合わせ内容 (必須)

会社名 (必須:個人の方はお名前を入力してください)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

TEL

Web

Copyright © エーアイ・タコス | Ai-Tacos All Rights Reserved.